リア・フィーユ

お問い合わせ

Case example事例紹介

KURUMU -包む-

これまでの人生
決して平坦な道ばかりではなかったけれど
いつでも あたたかな 愛にくるまれていた

ひとりじゃないと思える安心感が そこにはあって
ありのままの私を受け入れてくれる

優しさに満ちている
幸せだと思える今は
たくさんの愛にくるまれた
過去があったから

だからいま
あなたが私にそうしてくれたように
この手を広げて
あなたの人生を 愛でくるもう

2019.03.02

  • ホテル
コンセプト
KURUMU -包む-
コンテンツ
●クラシカルでフォトジェニックなホテルでのチャペル挙式と披露宴
●1歳を迎えるお子様を抱っこしながらの入退場でなごやかな雰囲気に
●チャペルでの人前式はそれぞれの十数年来のご友人からの誓いの言葉を投げかけなど
 笑いあり涙ありのアットホームなセレモニー
●誓いのキスの代わりにぎゅっとつつみこむような「誓いのハグで」
●披露宴会場は新郎の好きな色にちなんで真っ赤な装花でエレガントに
●「くるむ」にちなんでウェディングケーキはくるくる巻かれたロールケーキタワー
●ゲストにゆっくりとお食事を楽しんでいただくために披露宴での演出は最小限に
●新郎ご友人によるミュージカルで会場は大盛り上がり!
●新婦ご友人と新郎が内緒で進めていたサプライズプロポーズに新婦が涙する場面も
会場
仙台市内ホテル
撮影カメラマン
Photo by Collect Moments
Video by Chikako Iwanaga, Masanori Shouji
装飾デザイナー
Keisuke Suzuki   (RIA-FEUILLE専属)
Mika Takahashi (RIA-FEUILLE専属)

ウェディングデザイナーの声(小山田純子)

日本では昔から「つつむ」「くるむ」という行為が大切にされてきました。
この行為には慈しむ、大切にするという意味があり、相手を尊重している証とも言われています。
飲食店を営む新郎は、自分のお店をオープンするまでたくさんの方から縁を繋いでいただき
今があるとこれまでを振り返ってお話くださいました。
新婦はあたたかい家庭で育ち、家族への愛情が深く、
ヒアリング中に大切に育ててくださったご両親への想いが溢れて泣き出してしまうほど。
おふたりには、家族・友人・仕事仲間へこれまで愛で包んでもらった感謝や尊敬の気持ちを伝えてほしい、
そしてこれからはおふたりがこれまで以上に大きな愛を持って大切な人たちを守っていくことを宣言する結婚式にしてほしい、
そのような思いを込めて「KURUMU(包む)」というコンセプトを贈りました。
加えて「包」という漢字は、お腹に子どもを宿した母親の姿から出来たと伝えられています。
結婚準備中に妊娠・出産をされて、新たに守るべき存在が増えたおふたりにぴったりのコンセプトだと考えました。
ゲストに負担をかけたくないからと余興を考えていなかったおふたりですが
実際にはおふたりをお祝いしたいとみずから声を上げてくださった友人たちによる
ミュージカルやダンス、ムービーで会場は大盛り上がりとなりました。
120名を超えるたくさんんのゲストにご参加いただいた披露宴でしたが
おふたりの人柄によって終始、あたたかな愛でつつまれたアットホームな宴となりました。