リア・フィーユ

お問い合わせ

Case example事例紹介

Que sera, sera

“なるようになるさ”
 
これは諦めのことばでも 投げやりなことばでもない
 
それは 新しい未来を切り開くための魔法のことば
 
 
素敵な未来が待っているの?
 
それとも大変なことが起こったりする?
 
そんなこと 今は分からない
 
 
 
ふたり一緒なら ありのままの自分を受け入れられる
 
無理をしないで たまに流れに身を委ねて
 
愉快なあの曲を口ずさんだりしながら
 
気持ちの向くままに過ごそう
 
 
私たちに決まっている未来はない
 
未来は意志を以て変えられるんだ
 
勇気が出ないときは つぶやいて!
 
魔法のことば「 Que sera, sera 」

2017.11.30

  • レストラン
コンセプト
Que sera, sera ケセラセラ
キーワード
・ケセラセラ(なるようになる)
・ナチュラルテイスト
・森の中にいるような空間
・アンティークヨーロピアン
・勇気の出る魔法の言葉
・ご家族、ご親族とのアットホームな雰囲気
・レストランウェディング
・カジュアルウェディング
コンテンツ
・新郎新婦によるゲストのお出迎え
・コンセプトソング「Que sera, sera」をBGMに
・ゲストに見守られながら披露宴内人前式
・ご両家の親睦を深めるひとことスピーチ親族紹介
・プロの歌手による感動的な歌唱
会場
仙台市内レストラン
ポイント
・リラックス感としっかりしたおもてなしを同時に叶える
・ご家族・ご親戚が仲良くなる進行作り
・装花・その他アイテムはナチュラルアンティーク感のあるセレクトで統一
・ゲストと近い距離感で新郎新婦も一緒に楽しむ
撮影カメラマン
photo: Mikoto Sakagami
video: Masanori Shouji , Chikako Iwanaga
装飾デザイナー
Mika Takahashi , Keisuke Suzuki (RIA-FEUILLE)

ウェディングデザイナーの声(大元 道子)

これまでのおふたりの人生を振り返っていただき様々なエピソードをお伺いし、おふたりはご自身の勇気ある決断により未来を切り開いてきたのだと感じたことがコンセプト「ケセラセラ=なるようになる」の理由です。
これからも、おふたりそれぞれのありのままの気持ちやスタイルを大切にしながら、ふたりらしい未来を切り開いていただきたい。おふたりらしく日々を頑張ったら、あとは流れに身を任せて、「なるようになる」の気持ちで勇気ある決断をしていただきたい。「ケセラセラ」は、1歩踏み出すときに勇気の出るおまじないのような気持ちでご提案しました。おふたりが一緒にいれば、互いに認め合い、頑張ってきたありのままの自分を受け入れることが出来ると思うので、あとは「なるようになる」と思いながら勇気ある一歩を踏み出すのみ。そんな想いを込めたコンセプトです。
アンティークヨーロピアンのインテリアで統一された会場のレストランにも、「Que sera, sera」のレトロでゆったりした曲調が合いますし、おふたりのご希望だったアットホームなウェディングパーティーのイメージにもマッチする曲であると考えました。「先のことは分からない、人生はあなた次第。なるようになるよ。」とのびやかに歌うケセラセラの曲のように、
自由でリラックス感漂うカジュアルなウェディングパーティーをご提案しました。
 
当日は快晴の中ご両家ご親族様のみ30名様が出席され、着席フルコースのレストラン特製の美味しいお料理やデザートブッフェで充実したおもてなしを実現しながらも、自然体でアットホームな雰囲気のパーティーとなりました。小さな頃からおふたりと親睦のある方ばかりでしたので、皆さま時折涙されたり想い出話に笑いあったりしながら過ごされていました。