リア・フィーユ

お問い合わせ

Case example事例紹介

~ written in the stars ~

この世に小さな光が誕生し
今現在に至るまでたくさんの方々との出逢いから
たくさんの色や光に影響され
そのたび自らの運命を変えながら
今の自身の輝きがある
 
時が流れ
時代が変わっても
 
いつまでも変わらぬ想いを.....
 

2017.09.03

  • ホール
  • レストラン
コンセプト
written in the stars
キーワード
・宴内人前式
コンテンツ
・ティンバーンスターを使った会場コーディネート
・メイン席(高砂)にはキラキラと光る星のような装飾
・挙式時の結婚証明書はゲストに参加いただいた星空のウェディングツリー
・立会人証明もお互いの兄弟に星のシールを貼付
・挙式時ショベルカーによる指輪の入場・指輪の交換
・ウェディングケーキのフルーツと、デザートビュッフェには星型☆のデコレーション
・星空をイメージした映像上映
会場
Maison de RIA-FEUILLE(メゾン ド リア・フィーユ)
撮影カメラマン
Naoki Sato
装飾デザイナー
Keisuke Suzuki(RIA-FEUILLE専属)
Mika Takahashi(RIA-FEUILLE専属)

ウェディングデザイナーの声(近藤 ありさ)

自分たちが幸せなのは周りのみんなのおかげだから、周りにも幸せをおすそ分けしたいとおっしゃられていたのが印象的なおふたり。出逢ったばかりの頃訪れた場所、初デートの場所、プロポーズの場所など、おふたりの思い出には常に夜景や星空の下でした。
written in the stars=和訳で「そうなりますよ、そうなる運命です」という意味合いがあり。相手や周りへの思いやる心を持ち続けるおふたりなら、この先どんな困難があっても変わらずに支え合っていけるはず、時が流れ時代が変わっても いつまでも思いやりを忘れず過ごしていただきたい。そうすればきっとおふたり自身が描く未来に繋がるのでは、そんな想いを込めたコンセプトのご提案。アメリカの発祥であるブリキの星ティンバーンスターは「幸福を呼び寄せる」という意味合いがありおふたりだけでなくゲストへも幸せが訪れますように☆そんな思いを込めたウエディングパーティーです。