リア・フィーユ

お問い合わせ

Case example事例紹介

2018.04.01レストラン

~拍手万雷~

頑張っている君に 拍手を
ときには 頑張っている自分にも 拍手を
 
偉業を成し遂げたときも
何気ない感謝や尊敬を感じたときも 
 
気持ちを拍手で伝えよう 相手を心から讃えよう
 
君が拍手をくれるなら 勇気が湧いてくる
君が拍手をくれるなら 出来なかったことが出来る気がしてくる
 
不安になったら思い出して 笑顔で手をたたく君の姿を
 
うまくいかなくても大丈夫
私には 世界一素敵な味方がついているんだもの
 
 
親愛なる あなたへ
 
これから人生を共に歩む あなたへ 
 
心を込めた 万雷の拍手を送ろう
 
 
 
コンセプト
拍手万雷
 
キーワード
拍手(称賛と応援)
尊敬する気持ち
大正浪漫
レトロモダン
和と洋のミックス
コンテンツ
・大正浪漫なデザインの箸袋と箸のセットをエスコートカードに
・コンセプトをお伝えし、雷が轟くような大きな拍手をいただく
・障子×ソファで和と洋の文化がミックスされた大正時代の雰囲気を表現
・新婦地元の地酒で鏡開き&酒サーブ
・レトロなカチャガチャで楽しみサプライズスピーチ
・新郎様は紋服にストール、新婦様は半襟やヘッドパーツで大正浪漫な装い
・前撮りはレトロな雰囲気に(拍手してコンセプトを表現)
会場
仙台市内レストラン
ポイント
撮影カメラマン
Aya Hirayama(OFFICE ITO/当日撮影)
Mikoto Sakagami(フリーランス/前撮り) 
装飾デザイナー
Keisuke Suzuki(RIA-FEUILLE専属)
Mika Takahashi(RIA-FEUILLE専属)

ウェディングデザイナーの声(大元 道子)

謙虚でご自身のことを自慢したりすることがないおふたりですが、いつも相手や周囲のことを考えたり、うまくいかないことも一生懸命考えて糧にして頑張ってこられたおふたりに、とびきりの「拍手(=称賛と応援)」を届けたいと考え、「拍手万雷」というコンセプトを思いつきました。
 
 新婦様がパーティーのイメージとして希望されていた大正浪漫を彷彿とさせるような言葉の響きが、パーティーイメージに合っていると感じたことと、これからの夫婦生活で、ちょっとしたことでも相手を讃え、尊敬する気持ちを忘れないように。そして、鳴り響くような拍手を大切なお仲間やご友人の皆様からいただき、一生の記憶に残る結婚式にしていただけますように、想いを込めたウェディングコンセプトです。
 
夫婦生活が長くなるとマンネリしたり、相手に感謝を伝えないことに慣れてしまいがちですが、人生の折に触れてこのコンセプトを思い出していただき、いつも頑張っているお互いへ「拍手を送る気持ち」を大切にしていただければと、願いを込めてご提案させていただきました。

Other